地域のお客様の生活を豊かで便利に

ヨークマートはセブン&アイ・ホールディングスの一員として、首都圏で食料品に特化したスーパーマーケットを展開しています。セブン&アイ・ホールディングスは、世界でも有数の販売力とグローバルなネットワークを誇る一大カンパニーとして、製造、物流、情報など、あらゆる分野の専門家と連携し、事業の基盤となる仕組みづくりから最新の流行を取り入れた商品づくりまで、お客さまのニーズに合わせた「価値ある商品」の開発から安定した供給に努めています。
 

物が豊かな時代となり、お客さまのライフスタイルや価値観も大きく変化しつつあります。ヨークマートでは時代に合わせた商品提供をめざし、質の高さはもちろん、お客さまが求める商品・品揃え・サービスとは何かを日々追求しています。お客さまのニーズにあわせ、野菜や精肉、鮮魚などの素材だけではなく、買ってきてからそのまま食べられる惣菜や、簡単に調理するだけで食べられる冷凍食品、半加工品の充実にも力を注いでいます。

 

 

ヨークマートの目指す店舗作り


ヨークマートでは、現在国内での流通機構が大きく変わりつつあるなかで、産地や小売業者から直接取り引きするほか、各店舗近くの生産者より、新鮮で味のよい野菜や果物を直接仕入れるなど、質のよい商品を安心してお買い求めいただける仕組みを積極的に取り入れています。より多くのお客さまに便利で安心にお買い物をしていただける店舗をめざして、売り場担当者の一人ひとりの教育・人材育成と支援体制を進めています。

 


会社概要

事業内容 セブン&アイ・ホールディングスの事業会社として、首都圏での生鮮食料品を中心としたスーパーマーケットの経営
 設立  昭和50年12月
 代表者 代表取締役社長 大竹正人
 資本金 10億円
 売上高 1,416億円(2017年2月期)
 従業員 従業員(正社員) 2016年3月期 1,571名
(男性1,111名 女性460名)
 事業所 本社/東京都千代田区
店舗/東京都10店舗 埼玉県20店舗
神奈川県26店舗 千葉県22店
舗 
群馬県1店舗(合計79店舗)
(2017年4月末現在)
 関連会社 (株)イトーヨーカ堂、(株)ヨークベニマル、(株)セブン・イレブン・ジャパン、(株)ライフフーズ 等